「恐竜と鳥の物語」 夏休み自由課題 京都 ことば音楽療法

夏休みの自由課題のテーマは「恐竜と鳥の物語」だそうです。
「600万年前のお話です。その時代には恐竜がいました。空を支配した恐竜がいました。海を支配した恐竜もいました。陸を支配した恐竜もいました。その時代には羽毛の恐竜も登場しました。その羽毛と羽根の使い方は、①空を飛ぶため。②結婚相手のプロポーズに使うため。③敵を驚かすため。④卵を抱いて温めるため。です。
恐竜時代のその時、隕石が落ちてきました。そして、全部の恐竜が絶滅しました。しかし、羽毛恐竜は生き残りました。その羽毛恐竜がやがて鳥に進化しました。」「皆さんも、鳥を見たときは、それは羽毛恐竜の生き残りであり、子孫です。鳥を見たときは、恐竜の時代を想像してみてくださいよ」「ゴミをたべるカラスも、公園にいる鳩も、羽毛恐竜の子孫ですよ」
子供が話すことをそのまま書きました。残りの休みを使って「恐竜と鳥の物語」の本を完成させます。


放課後等デイサービスのセッション・言語療法・ことば音楽療法、言語相談は
下記の「御薗橋ことば音楽教室」まで。お気軽にお問い合わせください。