おもちゃのお金 カルピス屋さん 京都 ことば音楽療法

風呂上がりに、いつも子供がカルピスを作ってくれます。
注文を聞いて、家族の好みの濃さなどを聞き作ってくれてます。
夏休みから、おもちゃのお金を出してきて、お店の真似をして遊んでいます。

 

「いらっしゃいませ。(お辞儀)」
「カルピスですね。何で割りますか?濃さはいつものですね」
「○○円になります。はい、ありがとうございます。(お辞儀)」
「お客様ぁ~。お釣りを渡しますね。少々お待ちくださいね。
 はい、○○円です。(お辞儀)」
「今日も忙しかったので、お店閉めますね。でもゆっくり飲んでください」
「最近は、外国からのお客様も来て、大変繁盛していますよ」
「あ~疲れた。ハハハハハ」

 

硬貨の計算などまだできませんが、どこでそのセリフ覚えたの?と思うほど
店員さんになりきってサービスしてくれます。
お辞儀もきっちりとして対応してくれます。
とても好印象の店員さんです。

 

カルピスは「メロン味炭酸水割カルピス」だそうです。
カルピスにはいつもストローを付けてくれます。
でも、ストローで飲まないと怒られます。。。

 

 


放課後等デイサービスのセッション・言語療法・ことば音楽療法、言語相談は
下記の「御薗橋ことば音楽教室」まで。お気軽にお問い合わせください。