吃音の ことば音楽療法 その⑤ 京都 ことば音楽療法

大人の吃音の方のレッスンで、紙芝居を用いてみました。

 

目的は、
息のコントロール(持続と息継ぎ)
リズムを感じる
ゆっくりなスピード
聞き手を意識しての発話
声を変えること(高低)が目的です。

 

絵本での音読にかわりに紙芝居を読んでもらいました。
誰かに聞いてもらうことを意識したレッスン内容です。
紙芝居は、絵本とは違い楽しいレッスンとなりました。

 

画像はイメージです