2021/03/27
言葉のレッスンで舌を出す練習をしています。 舌を出すことがなかなかできない生徒さんが多いです。 子どもたちにとっては舌を出す動作は難しいものです。 舌を出すことが楽しくてわかりやすく伝える方法はないものか考えていました。 図書館で絵本を見つけました。 「あけてびっくり しかけえほん べろべろばあ」新井洋行 https://www.kadokawa.co.jp/product/321903000811/...

2021/03/18
いろんな楽器がついた感覚遊具。 この遊具を使ってレッスンをします。 まだ発語がみられない感覚運動期の生徒さんに使います。 物を目で追う。音源を見る。手の操作。道具の使用。などいろんな認知機能に働きかけることができます。 この遊具を子供の目の前で左右に動かすと、興味津々で目で追います。...

2021/03/08
小さな生徒さんはトーマスが大好きですね。 消毒して教材として使用しています。 大きなトーマスの煙突や汽笛を押すと、音楽や汽笛の音がします。

2021/02/26
今、20歳の生徒さんの文字の練習で、平仮名のさいころ積み木を使っています。 歌いながら枠内の積み木を一文字ずつ右から左へとスライドします。 雨の絵カードを見せながら、歌いながら、積み木を動かします。 「あ、あ、あ~め。あめ、あめ、あ~め」 絵カードだけの練習よりも文字に注目してくれて、楽しそうに学ばれています。...

2021/02/26
生徒さんが作品を作ってくれました。 お題は「リス」でしたが、 完成したのは「鬼(おに)、鬼滅の刃」だそうです。 作った生徒さんは18歳の男性の生徒さんです。 この課題が大好きなようなのでたずねてみましたら、 「大好き」とかえってきました。

2021/02/17
現在、生徒さん募集中です。 生徒さんは、1歳代から受け付けしております。 1歳代~就学前のお子様 就学中のお子様 20歳前後の青年期の方まで受けております。 ことば音楽療法の言葉歌を用いながら楽しく言葉を学んでいただけます。 発達や認知の評価の上プログラムを作成し、その生徒さんに合った言葉のレッスンをしています。

2021/02/17
並べた絵カードの中から「猫はどれですか?」とこちらがたずねたら猫の絵カードを指さしができ、「飲むのはどれですか?」とたずねたらコップの絵カードを指さしできる段階。この段階は物に名前があることをはっきりと認識するようになる段階です。...

2021/02/11
数の概念の課題で1から10までの数を唱える(数唱)があります。 数唱と数字の読みを練習する際に、五十玉や数字カードを用います。 指で玉を動かして数えてきます。  この五十玉は大きいので、対面で生徒さんと一緒に玉を動かすことができます。 最初はできない生徒さんも一緒に玉を動かしていくことで数えることができていきます。...

2021/02/04
さいころの積み木を購入しました。 文字の理解の練習につかいます。 さいころの一面には絵が描かれており、5面には文字が書かれています。 絵カードや実物を見せながら、 言葉歌を歌いながら、 さいころ積み木を指さしたり動かして、文字の練習をしてゆきます。 「り、り、りんご。りんご。りんご」 「り、り、りんご。りんごの り~」

2021/02/04
ストローを用いた発声練習方法。 ストローをくわえて、息を吹きます。 そして、そのまま声を出していきます。 高く低く声を出したりします。 口の構えをそのままにストローをはずして声を出すと 驚くほど声が通るようになります。 レッスンで歌う前に行っています。 吃音の方に用いています。

さらに表示する